中心街で維新パレード 「小樽武揚祭2010」 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



 榎本武揚や北垣国道、黒田清隆が、6月20日(日)、貴婦人や新撰組など約90人を従え、小樽の中心商店街を練り歩き、龍宮神社(稲穂3)の例大祭を華やかに彩った。
 「おたるない倶楽部」メンバーで作る「小樽武揚祭2010」実行委員会(佐藤聖一郎実行委員長)の主催。
 同神社例大祭(6/20~22)に併せ、「榎本武揚の志を受け継ぎ、子供たちに伝えていくことがこのまちの発展に寄与する」と、講演会や仮装コンテスト・維新パレード、榎本武揚軌跡マップ配布などを行った。
 仮装コンテスト・維新パレードでは、菁園中学校のブラスバンドが、サンモール商店街で、龍馬伝や天地人を演奏。この後、20組・29名のコンテスト参加者が、自己紹介や将来の夢、小樽への思いを語り、特技を披露。
 この日のために2週間ヒゲを伸ばした人。イタリア語の歌を披露する人。ルービックキューブの6面をたった1分40秒で攻略する子供。親子でカエル飛びし、会場に大きな笑いを起こさせる参加者など、さまざまなパフォーマンスが飛び出した。この後、菁園中ブラスバンドを先頭に、軍服や鹿鳴館時代の衣装の貴婦人たちが、サンモール一番街から都通り、梁川商店街などをパレードした。