うだる暑さ 連日25℃超えの夏日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


0626.jpg 6月25日(金)から毎日、最高気温が25℃を超える夏日が続いている。
 札幌管区気象台によると、25日(金)の最高気温は25.6℃、おたるドリームビーチの海開きとなった26日(土)は30℃間近の29.7℃、27日(日)は26.3℃、28日(月)は27.0℃を記録した。いずれも25℃以上の夏日となった。
 しかし、市街地の小樽運河浅草橋街園に設置されている温度計では、連日30℃超えの”真夏日”となっている。記念撮影に訪れる観光客たちは、温度計脇にある水飲み場でのどを潤し、この暑さを凌いでいた。
 この本格的な夏の到来で、中心商店街で買い物をする市民たちは、「暑い」、「こんなに急激に暑くなるのか」と、顔に手をかざしながら歩いていた。
 小樽市保健所は、28日(月)、「日最高気温28℃以上が予想される」と、今期第1号の食中毒警報を発令した。調理前後の手洗い、食品の低温保存、調理器具の殺菌などを呼びかけている。食中毒警報発令期間は7月1日から8月31日までで、今回は6月30日(水)までの48時間。