潮まつりの3日間 手宮線で「小樽がらす市」 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


glassfes1.jpg 「第44回おたる潮まつり」(7/23~25)の開催に合わせ、”産業遺産”の旧手宮線散策路で、「小樽がらす市」(出口新一郎実行委員長)が開かれている。
 全国の硝子工房が一堂に会するイベントで、旧手宮線散策路の中央通りから日銀通りまでの約300mに、小樽市内外の34工房の作品を展示、販売する。
 手宮線脇に立つ美術館・文学館が入居する市分庁舎付近には、風鈴が幾重にも並べられている。線路のローアングルから風鈴を眺めると、空に向かって真っ直ぐ聳え立つ樹齢70年のポプラの木が背景に映え、歴史と自然、文化が調和した見事な風景が広がる。
glassfes2.jpg 今年初めて実施した市内27小学校の5・6年生を対象のグラスデザインコンテストで、最優秀賞・特別賞・優秀賞に輝いた10点の作品も展示。市内のがらす工房が得意分野を活かして製作した、子供の独創性溢れる作品が、来場者の目を引いている。
 「小樽がらす市」は、7月23日(金)14:00~20:00、24日(土)11:00~21:00、25日(日)11:00~20:00。
 関連記事