新たな魅力発信!「第1回小樽堺町ゆかた提灯祭り2010」 8/14・15

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽の観光名所のひとつ堺町通りの新たな魅力を発信しようと、約800mの通り沿いに並ぶ120店舗が協力し、8月14日(土)・15日(日)の2日間、「第1回小樽堺町ゆかた提灯祭り2010」を開催する。
 堺町通りには、北一硝子、かま栄、ルタオ、利尻屋みのやなどの土産店が120店舗以上並んでいる。このほど若手経営者たちが集まって実行委員会(武田賢一実行委員長)を作り、「地域活性化を目指し、堺町の商店街をつくって、小樽観光の新たな魅力を発信しよう」と、個々に点在していた店舗を線でつなぐ同祭りを企画した。
 祭りは、”浴衣を着て堺町通りを歩き、提灯の灯りの下で、古き良き小樽の歴史・文化を体感してもらう”がコンセプト。この2日間、約800mの堺町通りを通行止めにし、メルヘン交差点と出世前広場の2会場で、ロールケーキの早食い、コンサート、ゆかたコンテストなどのイベントを行う。通りには、約300個の提灯を使って「提灯ミニツリー」を並べる。祭り予算は200万円。うち80万円が市の小樽で買い物キャンペーンセール助成事業。
 メルヘン交差点会場では、14日(土)12:00から、ルタオ・オリジナルロールケーキ早食い対決。参加定員20名を予定。5人ずつで対戦し、優勝者は、 “元祖!大食い王決定戦-2009年度優勝者”のアンジェラ佐藤と対決する権利が得られる。豪華賞品も。
 15日(日)15:00からは、”メルヘン感幸ライブ”が行われ、札幌を中心に活動するアーティストが演奏する。大物アーティストによるシークレットライブもある。
 出世前広場のオイコラ会場では、両日とも、13:00からゆかたコンテストを開催する。ジュニア部門(0才~小学生迄)、男性・女性部門(中学生以上)の 3部門。各部門の優勝者のうち最も得点の高い総合優勝者(各日)には、ペアディズニーランド(1泊2日・飛行機代込)かペア沖縄旅行(2泊3日)の招待券が当たる。また、12:00~18:00には、無料の職人製作体験工房(北海道職人義塾大学校)もある。
 このほか、クラシックカー展示やビアガーデン、大道芸・マジックなどのイベントが用意されている。この2日間、浴衣客には、各店舗さまざまな特典を用意している。
 同実行委員会では、「観光客数が減っている中で、堺町が廃れると、小樽観光全体が廃れることになる。堺町を賑わせるためには、市民の方に来てもらわなければいけない。小樽の歴史を持った堺町通りに、ぜひ浴衣で来場してもらいたい」と呼びかけている。