高層賃貸マンション「AMS東雲」 モデルルーム公開

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


amsshinonome1.jpg 小樽市指定歴史的建造物の旧板谷邸敷地に建設中の高層賃貸マンション「AMS東雲」(東雲町1-19)のモデルルームが、9月1日(水)から公開されている。
 同マンション建設は、ホテルソニアを経営する株式会社不動産リサーチ(札幌・菅原宝珠代表取締役)が進めている。今年4月に工事着工し、2011(平成23)年1月に完成予定。
 地上9階建(25m)の賃貸マンション(52戸)で、1LDK18戸(51,000円~)、2LDK18戸(56,00円~)、3LDK16戸(72,000円~)。JR小樽駅から徒歩10分という立地の良さで、小樽の海と街並みが一望出来るロケーション。
 設備は、温泉付浴槽(温泉水1,000L約600円)、オートロック、灯油ストーブ、シャンプードレッサー、バルコニー、エレベーター。駐車場(9,450円)、
 モデルルームの公開は、毎週金曜日と土曜日の09:00~17:00。予約制。問合せ:011-512-1610 (担当村井)
 関連記事
 AMS東雲
amsshinonome2.jpg