観光PR映像「DISCOVER小樽」完成 ネットで発信も

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


discover.jpg 小樽市は、10月1日(金)、小樽観光をPRするDVD「DISCOVER小樽」が完成したと発表した。
 4枚目となる今回の映像は、アクティビティー・レジャースポット・グルメなど12コンテンツに内容を分類。映像と音楽を主体とした2~3分の映像 で小樽の魅力を伝える構成。420万円で100枚制作。
 これまで使用していた映像は、2005(平成17)年に3,163万8,000円かけて制作した「OTARU 再会の街角」。長編のストーリー形式で小樽の魅力を伝えるものとなっていた。物産展などで紹介するにはボリュームがあり過ぎた。
 今回、名称変更したホテルや閉館したホテル、祭りの最新映像などの更新とともに、その内容を凝縮。小樽産の物産PRのため、新たにシャコやニシン などの海産物の映像も新規で挿入。日本語をはじめ英語、韓国語、中文繁体字、中文簡体字の5ヶ国語にも対応。
 動画投稿サイト「YouTube」を使用して映像をインターネット上にアップし、小樽観光を広くアピールする。こちら