地方合同庁舎に消防サイレン 秋の火災防御訓練

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



 10月15日(金)10:30、小樽地方合同庁舎(港町5)周辺から、消防車両のサイレンが鳴り響いた。
akinokunren.jpg 「秋の火災予防運動」(10月15日から31日)の一環の火災防御訓練。災害対策の確立と市民、関係者に対し予防意識の高揚・啓発を図ることを目的としている。
 訓練には、合同庁舎に入居する国の機関の職員40名、小樽市消防団(第2分団)3名、小樽市消防本部(消防署)30名の計73名と消防車両6台 が参加。同庁舎の3階給湯室から火災が発生したとの想定で行った。
 女性職員が、火災を発見。「火事です。だれか」と助けを求めた。自衛消防隊3名が、出火元に駆けつけ、消火器で初期消火。しかし、火勢は拡大延焼。庁内アナウンスで、職員の避難誘導を行った。
 119番通報によって現場に急行した消防隊員は、避難中の職員が転倒負傷したとの情報を受け、直ちに正面玄関から庁内へ。負傷者を捜索し、重傷者1名を担架に乗せ、軽症の職員10名を避難させた。
 逃げ遅れた職員1名が、屋上で救助を求めており、消防隊員は、ハシゴ車で7階屋上へ。職員を救助したのち、屋上からロープをつたって地上まで一気 に降下した。最後に、5本のホースで、合同庁舎上空に一斉放水し、秋の火災防御訓練を終えた。