地デジ放送や3Dの「魅せる技術」 職能大が公開市民講座 10/29

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 北海道職業能力開発大学校(銭函3)は、10月29日(金)18:00~20:00、小樽経済センター(稲穂2)で、第29回目となる市民公開講座を開く。
 「高度な技術力を生産現場で支える人材を育成する」ことを目的に1986(昭和61)年に設立した同校は、1987(昭和62)年から市民公開講座を開講している。
 今回のテーマは、「魅せる技術」。テレビをとりまく最新技術と3Dのしくみと魅力を伝える。
 講座1「テレビをとりまく最新技術」では、同大・生産電子システム技術科の仁部比斗史教授が、最近のテレビをとりまく技術の進捗やハイビジョン、ブルーレイへの変革についての技術動向を講義する。
 講座2「3Dのしくみと魅力そして究極の3D」では、電子情報技術科の佐藤龍司教授が、なぜ立体的に見えるのかを講義する。参加者は、しくみを体験しながら、3Dのの世界を楽しめる。
 受講料:無料。定員50名。申込方法など詳細はこちら