中高生バンドフェスに24組出演!若いエネルギーで音楽発信 11/21

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 11月21日(日)に開催される小樽初の「小樽運河中高生バンドフェスティバルVol.1」に、小樽・後志・札幌の24組のバンドが参加することが決まった。
 小樽運河の浅草橋街園でオールディーズナイトを開催する実行委員会(斎藤仁実行委員長)の主催。「地域、学校の区別なく音楽を通じて交流し、企画・準備・運営に汗を流し、楽しみ・喜びを共有するイベントを開きたい」と企画。北海道青少年育成協会の助成も得る。
 中高生バンドは、文化祭や学校祭でのステージや市内のライブハウスに出演してはいるが、一つの会場に集まり演奏を披露する機会は数少ない。同実行委では、「同世代のバンドの発表を見聞きして、レベルアップにつなげてもらいたい」と話す。
 当初は12組程度の参加を予定していたが、予想を遥かに上回る2倍の24組が出演することが決まった。出演バンドは、市内各高校の混合や後志の高校生との混合バンドなど様々。札幌や旭川などからの参加もある。こちら
 当初は12:00~18:00の6時間を予定していたが、4時間半拡大し、10:00~20:30に変更した。1バンドの演奏時間は約20分。
chukoseibandfes.jpg イベントのゲストバンドとして、潮陵OBで現在北大・北海学園の学生による「Bazil」が出演を予定している。その腕前を後輩バンドマンたちに披露する。
 24日(日)には、24組のバンドメンバーたちが、事務局の斉藤ダンススクール(稲穂2)に集まり、当日の演奏順番などを決め、主催者からイベント主旨などの説明を受けていた。
 「小樽運河中高生バンドフェスティバルVol.1」は、11月21日(日)10:00~20:30、運河プラザ三番庫で開かれる。入場料:500円(缶ジュース1本付)。問合せ:0134-23-3484 Email:dancing-ss@hkg.odn.ne.jp 担当斎藤