天狗山スキー場 17日から一部オープン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 積雪不足により今シーズンの営業開始を延期していた小樽天狗山スキー場(最上2)は、山頂ファミリーゲレンデが滑走可能となったことから、12月17日(金)から一部オープンする。
 オープンは、山頂ファミリーゲレンデとロングラインの2コース。積雪状態は、山頂約40cm、中間部山麓部約30cm。運行リフトは、山頂ファミリーリフト(09:00~15:15)とロープウェイ(09:00~12:00)。ナイター営業は延期で、バンビ、旧、新、ダイナミックの4 コースはまだ積雪不足のため滑走は出来ない。
 同スキー場では、「スキーの街小樽復活!老若男女がこぞってスキーを楽しんでいただきたい」と、オープン日の17日(金)から19日(日)までの3日間、オール時間券を半額で販売する。営業時間は09:00~15:30。詳細
 4時間券大人2,600円→1,300円 4時間券小人2,100円→1,050円
 6時間券大人3,200円→1,600円 6時間券小人2,400円→1,200円
 8時間券大人3,800円→1,900円 8時間券小人2,900円→1,450円
 また、朝里川温泉スキー場も積雪不足で営業開始を延期していたが、12月14日(火)から一部オープンする。パープル、グリーンB、レッドAの3コースが滑走可能となる。詳細