量り売りの古着屋「衣料方人」 ウイングベイ小樽にオープン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


iryouhoujin1.jpg 1kg・300円の量り売り古着屋「衣料方人」が、築港のウイングベイ小樽3番街3階ベスト電器跡の「ウィンターエコマーケット」にオープンした。
 同店は、全国でも珍しい量り売りの古着屋で、「東京にしかないメーカーの掘り出し物がある」などと話題を集めている。錦町の手宮ターミナル斜め向かいの1号店を皮切りに、札幌や旭川など全道各地でアンテナショップを展開している。
 運営するのは、産廃業・有限会社ラング(埼玉・池田憲治代表取締役)の小樽支店。東京周辺の衣料品店で廃棄した服を回収し焼却処分するところ、「もったいない」と、環境事業の一環として安く買い取り、廃棄しないでリサイクル販売している。
iryouhoujin2.jpg 「ウィンターエコマーケット」内では、靴やバッグ、子供服、レディース・メンズ衣類など、様々な商品を販売している。すべて1kg・300円で、1kgを超えた場合は100g・30円加算。どんなに買っても安く、中にはお宝が眠っているかも。
 来年3月27日(日)11:00~19:00(平日18:00)まで。
 今回は、パワーストーン専門店「水晶工房」も併設している。手作り高級天然石や天然珊瑚ネックレスなど、良い品を格安で販売中。海外直輸入品も、「円高還元」として50%OFFで販売している。「小樽ジャーナルを見た」と来店し購入した場合は店頭価格よりさらに10%引きとなる。また、来店しただけでも、限定20名には、天然石の手作りストラップのプレゼントがある。
 関連記事