文化財を守れ!旧大家倉庫で火災防御訓練

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



 1月26日(水)10:00、小樽運河沿いに建つ小樽市指定歴史的建造物の旧大家倉庫(色内2)で、小樽市消防本部(会田泰規消防長)が火災防御訓練を実施した。
 「第57回文化財防火デー」(1月26日)の啓発行事。実践的な訓練を行うことで、市民や関係者に、火災予防意識の高揚と啓発を図ることを目的としている。
 訓練は、同倉庫内部から出火したとの想定。同部20名、消防団3名、北一硝子自衛消防隊4名の計27名と消防車両6台が参加した。
fire-bunkazai.jpg 通報を受けて現場に駆けつけた消防隊員は、直ちに現状確認し、倉庫内に逃げ遅れた従業員の検索と消火のための放水準備を行った。
 酸素マスクを着用した隊員2名は、倉庫内に進入し、保管されている荷物の間を検索。蹲まる従業員1名を発見すると、様態を確認したのち、手で口を塞ぐよう指示し、肩を貸し建物外へ運んだ。従業員を救急搬送すると、外で待機していた隊員たちが、4本のホースで、倉庫上空に向かって一斉放水。10:10に鎮火したとして訓練を終えた。
 旧大家倉庫は、1891(明治24)年建築の木骨石造1階建(732平米)。石川県出身の海産商大家七平によって建てられ、建物の妻壁にやましちの屋号(印)がある。外壁に札幌軟石を使用している。越屋根と入口部分の二重アーチが特徴的。