「フィッツジェラルド」 朝日受け小樽入港 (2011/02/04)

fits1.jpg 米ミサイル駆逐艦「FITZGERALD(DDG62・フィッツジェラルド)」(8,800トン)が、2月4日(金)08:00、朝日を受けながら小樽港に入港した。

 同艦船は、「フィッツジェラルドは帰れ」や「入港を阻止」などの反対のシュプレヒコールが響く中、穏やかな港にその灰色の船体を浮かべ、港町ふ頭に着岸。

 当初、5日(土)の入港予定だったが、急遽一日早い4日(金)に変更し、滞在期間を5日間から6日間に延長した。

 フィッツジェラルドは、米海軍第7艦隊のアーレイ・バーク級のイージスシステムを搭載するミサイル駆逐艦。全長155.14m、全幅20.12m、喫水 10.36m、排水トン数8,800トン、マスト高45.72m、一日最大上陸人員数199人。一昨年に続き2回目の入港。

 関連記事


     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


雪あかりを守る人々 10日間のイベント終盤

手宮中央小PTA雪まつり そり滑りや雪像作り

プロジェクションマッピングに挑戦 未来創造高

高さ約20mの屋根の雪おろし 金融資料館

握りたて寿司で労う!歯科医師らが昼食会

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈