佐藤静雄氏 次期市長選に出馬へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


satosizuo-syutuba.jpg 元衆議院議員の佐藤静雄氏(69)が、4月の次期市長選に再び挑戦する意思を固め、16日(水)15:00から佐藤静雄事務所(稲穂2)で記者会見を開き出馬表明することが15日(火)に分かった。
 これによって現職の山田勝麿市長の後継の中松義治・元商工会議所専務理事(64)と、前回の2007(平成19)年の市長選に挑戦した無所 属の森井秀明・元市議会議員(38)との一騎打ちから、三つ巴戦への構図と変わった。
 佐藤氏は、ニセコ町出身。北海道議会議員3期、衆議院議員4期、国土交通副大臣を務めた。2007(平成19)年4月には、市長選に無所属で出馬したが、落選し政界からの引退表明をしていた。
 今回、次男の聖一郎氏(35)が、道議選に出馬することから、応援のために市内を回り始め、市長選への出馬を求める声が多く寄せられ、13日(日)の聖一郎氏の事務所開きで、「私は十分に考えながら判断をさせて頂く」と発言していた。
 15日夜、佐藤静雄氏は、「悩みに悩み抜いて、小樽の現状を考え、引退した身だが、最後の人生をこの小樽のために精一杯尽くしていきたい。政策もまとめたので、16日の記者会見で発表することにした」と語った。
 関連記事