ミスおたる認定式 「小樽の良さを伝えたい」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


misnintei1.jpg  2011年度のミスおたるの認定式が、3月28日(月)、運河プラザ1番庫(色内2)で行われた。
 今年度のミスは、小樽商科大学1年生の木藤咲月さん(19)と小樽商業高校卒業の池田小乃実さん(18)の平成生まれ2人。3月2日(水)の審査 会で選ばれてから研修を受けてきた。
 認定式では、中村全博・観光協会会長代理から認定証、谷口美津江副会長からタスキを受け取り、「出来るだけ多くの人に、小樽の良さを伝えた い」(池田さん)、「持ち前のチャレンジ精神で、池田さんと頑張ります」(木藤さん)と抱負を語った。
 これをもって、2010年度のミスおたるの任期が終了となり、この日のアテンド役をした本間弓理さんが、「ミスの仕事を通じて少しずつ成長出来 た。1年間支えてくれた方々に感謝している。2011年度の2人には、ミスになったことがゴールではなく、これからがスタートだと思って小樽を活 気づけてもらえるよう頑張ってもらいたい。パートナーの高坂さんと一緒にミスおたるが出来たことは、とても幸せでした」と涙を浮かべながら語った。
 2011ミスおたるの最初の公務は、4月19日(火)からの「北海道物産展」。今後、潮まつりや豪華客船歓迎式などに出席するほか、全国の物産展に参加し、各種イベントに花を添える。
 関連記事
misnintei2.jpg