入札妨害の岩田地崎建設 小樽市 6ヶ月指名停止

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 札幌市発注の道道小樽定山渓線(四ツ峰トンネル)復旧工事の一般競争入札をめぐり、道内最大手の岩田地崎建設(札幌市中央区)の元職員が競売入札妨害容疑で逮捕されたことを受け、小樽市は、3月14日(月)、市の建設工事に係る指名競争入札に関する指名を停止することを決めた。
 同建設元職員は、札幌市係長から不正に入札情報を入手し工事を落札したとして、北海道警察によって3月2日に競売入札妨害の容疑で逮捕された。小樽市は、これを受け、岩田地崎建設を、3月15日(火)から9月14日(水)までの6ヶ月間、指名停止することにした。