手宮緑化植物園オープン 4/29 〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ryokuka1.jpg ryokuka2.jpg
ryokuka3.jpg ryokuka4.jpg ryokuka5.jpg
 手宮公園の奥にある手宮緑化植物園が、4月29日(金・祝)からオープンした。

 長かった冬季の休園から目覚め、小樽港を眼下に、札幌のタワービルまでも望める小樽の絶景ポイントを楽しめることになった。

 30日(土)は、満開のコブシの花を背景に、残雪をかぶった天狗山や周辺の山々が見られ、穏やかな石狩湾越しに札幌のビル群が浮かんでいた。

 家族連れが訪れ、コブシ、ツツジ、サクラなどを眺めながら、緑で覆われた広い芝生広場では、親子が歓声を挙げて、追いかけっこに興じていた。

 桜名所として知られており、エゾヤマザクラが開花し始め、後1週間で、ソメイヨシノが開花を迎え、園内の坂の両脇に植えられている桜並木が満開となる。

 小樽の海と山と空と桜が一体となった絵のような光景が広がる日も近い。