樽っ子美容師がチャリティライブ 一人でPRに奔走

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


kon.jpg 「小樽を元気にしたい。笑顔でいっぱいになる日にしたい」。樽っ子美容師・金幹博さん(28)は、6月14日(火)18:30~に運河プラザ(色内2)で開催する東日本大震災チャリティ・ライブ「ジュンコとチープ 昭和ノスタルジア」のPRにたった一人で奔走している。
 花園3にある「yasue(ヤスエ)美容室」で働く金さん。東日本大震災後の悲惨な様子をテレビで見て、「自分で出来ることはないか」と思い立ち、チャリティーライブを企画することを決めた。
 ゲストアーティストには、2009(平成21)年に小樽でライブを行ったユニット「JUNCO&CHEEP」を迎える。縁があったことから相談してみると、「快く出演頂けることになった」という。
 ステージは、「昭和58年生まれで6年しか昭和時代を経験していないが、昭和は良い時と悪い時を経験した時代。平成より充実している。高度成長期の良い昭和を思い出してもらって元気になってもらいたい」と、「なごり雪」や「青春時代」、「さらば恋人」など昭和の名曲を披露する予定。
 金さんは、「このお二人の力を借りて6月14日笑顔をいっぱいにします。私が、たった一人で始めた呼びかけに、様々な方にご協力・ご賛同頂きありがとうございます。みなさんの笑顔が街を元気にし、東北を元気にし、日本が元気になります。ビール片手に、東日本大震災チャリティ・ライブ ぜひみんなで楽しみましょう」と、多くの市民の来場を呼びかけている。
 入場料2,000円(1ドリンク付)。収益の一部を寄付する。
 問合せ:080-1874-0539、0134-22-0570(ヤスエ内)
 笑顔でいっぱいになる日 6/14
 関連記事1 関連記事2