「小樽写真散歩」 by akemi iwata 《オタモイ海岸の夕日》 (2011/06/29)

 今日は、夏らしい暑い日になりましたね。
 北海道の夏は短いので、貴重な夏を大切に過ごしたいと思います。
 今回は、オタモイ海岸からの夕日です。(6月26日)

otamoisea1.jpg
 画像・・・オタモイ海岸1
 オタモイ海岸までの下り坂は、草木が生い茂り、急なカーブをいつくも下ります。車での走行可能です。
 そうすると、絶景が広がる海岸にたどりつきます。
 オタモイ海岸は、ニセコ積丹小樽海岸国定公園に指定されています。
 太陽が眩しくて「今日は、いいよ!」と、先に来ていた人から言われ、
 夕日を楽しみにしていた私は、わくわくしました。

otamoisea2.jpg
 画像・・・オタモイ海岸2
 遊歩道では、海の香りが漂い、断崖絶壁が連なり、青い海を除くと吸い込まれそうになります。
 緊張しながら歩き、途中でのお地蔵様へお参りをして、
 いよいよ夕日を見る場所へたどりつきました。

otamoisea4.jpg
 画像・・・オタモイ海岸3
 夕日の反対方向の景色です。
 夏は、海水浴をしたり、釣りをする人もいます。

otamoisea3.jpg
 画像・・・オタモイ海岸4
 オタモイでの夕日は、久しぶりです。
 いつも祝津パノラマ展望台から見ていますが、積丹半島が近くに感じます。

otamoisea5.jpg
 画像・・・オタモイ海岸5
 あたりは、だんだんと桃色に変わっていきます。

otamoisea6.jpg
 画像・・・オタモイ海岸6
 日が沈み、夕焼けになりました。
 帰り道、ずっと空を見ていたいような気持ちになります。

 昭和初期、竜宮閣や遊園地あり、大変華やかな場所でした。
 また、悲しい伝説も残っています。
 小樽の唯一のカタカナ名のオタモイで、夕日を楽しみながら
 かつての大リゾート地を想像してみてください。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


スポーツの力で除雪問題解決! 新雪かき選手権

雪あかりを守る人々 10日間のイベント終盤

手宮中央小PTA雪まつり そり滑りや雪像作り

プロジェクションマッピングに挑戦 未来創造高

高さ約20mの屋根の雪おろし 金融資料館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈