「小樽写真散歩」 by akemi iwata 《観天頂アーク》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨日、7月7日の午後4時50分ごろ、
 小樽市内上空に綺麗な虹色「環天頂アーク」が出現しました。
 環天頂アークは、大気光学現象の一つで、太陽の上に虹のようなものが現れる現象です。
 太陽高度が低い時に見られ、天頂を中心に弧を描くので「逆さ虹」とも呼ばれます。
 普通の虹は、太陽の反対側に見えますが、この虹は、太陽の上に現れます。
 雲の結晶によるものです。
 1時間くらいは見られたと思います。
tangentarc1.jpg
 画像・・・環天頂アーク1
 我が家の2階の窓がら身を乗り出して写しました。
lateralarc.jpg
 画像・・・ラテラルアーク
 よく見ると、環天頂アークの下にも丸い虹が現れ、
 「上部ラテラルアーク」が見えました。
 この現象は、大変珍しいと思います。
tangentrac2jpg.JPG
 画像・・・3つの虹
 「幻日」・「上部タンジェントアーク」・「環天頂アーク」
 3つの虹が見えました。
 建物が邪魔で幻日が分りづらいと思いますが、3つ揃った現象は、
 なかなかお目にかかれないものだと思います。
 空の現象に大変感激した日になりました。
 みなさんも空を見上げて、虹色に遭遇してみてください。