100メートル「流しそうめん」が大人気 商大緑丘祭のイベント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



 7月8日(金)~10日(日)の3日間の日程で開かれている第59回緑丘祭のイベント「流しそうめん」が大人気で、多くの市民が夏の陽の下で、流れる冷たいそうめんに舌鼓を打っていた。
 緑丘祭で例年開催されている「流しそうめん」は、人気イベントの一つ。7月9日(土)、商大正面坂には、今年は100周年とあって、そうめん流しの竹筒が、50m2本の100m分が用意された。
 開始時刻の12:00前から、多くの参加者が受付で、つけ汁と割り箸をもらい、竹筒の周りをぐるっと取り囲んだ。開始の合図とともに、参加者は一斉に、流しそうめんを取ろうと懸命に箸を動かした。「わー、取れた」「わー、取れない」と、家族連れの声が大きな響いた。
 子どもを抱えた親は、やっとつかんだそうめんを子どもの口に運んでいた。400人分用意されたそうめんもあっという間に、老若男女の腹に流れて行った。
 「流しそうめん」は、10日(日)は、11:30から行われる。100周年で沸く緑丘で、学園祭のイベントを楽しみたい。