命と向き合う仕事を体験して!済生会で子供参観8/3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 済生会小樽病院(梅ケ枝町8・近藤真章院長)は、8月3日(水)13:00から、子 供たちを院内に招く子供参観日の「第2回 なでしこキッズDay」を開催する。
 これは、同院の子育てを行う労働者等の職場生活と家庭生活との両立(ワークライフバランス)と次世代育成の支援策の一つとして実施される。
 前回は同院職員の子ども達に限定した企画だったが、今回は、「命と向き合う病院のお仕事を体験して頂くことで、子供の社会性を育む」ことを目的に、同院職員の子供の限定企画ではなく、地域の子供達 を職場に招くことにした。夏休みの自由研究としても活用できるような内容にもなるとしている。
 エコー機器でお腹の中を覗いてみよう。肉を電気メスで切る「外科手術体験」。薬剤師のお仕事を経験してみよう。手洗い実験、顕微鏡を覗いてみよう など、子供にとっては貴重な体験となる内容ばかりとなっている。
 現在、小学校1年~6年生までの10名を募集している。参加希望者は、ハガキかメールにより、①住所②氏名(参加者及び保護者)③連絡先(電話番号)④学校名⑤学年を明記して応募のこと。
 問合せ・申込み:0134-25-4321 北海道済生会小樽病院
                    なでしこキッズDAY事務局(担当:松本、浦見)