石川選手予選落ち 小樽CCサン・クロレラクラシック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽市銭函の小樽カントリー倶楽部新コースで開かれている男子プロゴルフの予選2日目が、29日(金)に行われた。
 注目の若手・石川遼選手は、3バーディー・5ボギーの74で通算7オーバー122位で予選落ちした。
 前日首位に立った平塚哲二選手は、ショットが良く、この日も66で回り、通算13アンダーでトップを独走している。池田勇太選手は、72の通算6アンダーで4位に後退した。
 決勝ランドには、通算1オーバー、56位までの73選手が駒を進めた。予選落ちとなった菊池純選手は、7〜14番ホールで8連続バーディを決め、同一ラウンドでのツアー記録を更新した。
 尾崎将司選手は、背筋痛のため棄権し、前日40位につけていた前粟蔵俊太選手は、スタート時間に遅刻したため失格となるなど、プロゴルフ界の悲喜こもごもが演じられていた。
 JGTスコアリングシステム