政治資金規正法違反事件調査委員会 市民の意見募集

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 中松義治小樽市長の後援会が起こした、市職員による政治資金規正法違反事件で、その全容の解明のために市が設置した外部の第3者による調査委員会は、この事件に関する市民の意見募集を始めた。
 「小樽市職員の政治資金規正法違反事件に関する調査委員会」(肘井博行委員長)は、弁護士2名、大学教授1名の委員で構成されている。
 既に2回の会議を開催し、「事件の全容の把握」、「事件の原因の調査」、「再発防止策の検討」に取り組んでいる。
 このほど、「今回の事件に関し、広く市民の皆様から御意見を募集いたします」と、電子メール、ファクシミリ、郵送で、同委員会の事務局宛て、8月10日(水)17:00までの提出を求めている。
 小樽市職員の政治資金規正法違反事件に関する市民意見募集について
 関連記事1 関連記事2 関連記事3