「小樽写真散歩」 by akemi iwata 《小樽海上観光船》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 すっかり秋の風が吹き、夏の暑さが思い出になってしまいました。もっと夏を楽しむと良かったかな・・・と、いつもこの季節に思います。冬までの貴重な日々を楽しみたいと思います。
 そこで、お天気に誘われて小樽海上観光船「オタモイ号」に乗り、潮風に吹かれ楽しんで来ました。
 祝津航路・オタモイ航路を選択できますが、どうせ乗るならと、小樽港第3埠頭からオタモイ周遊コースに乗船してきました。所要時間115分。
otamoigo1.jpg
 画像・・・1
 オタモイ周遊最終便は14:00出港で、15人くらい乗船しました。船内にてかもめの餌(100円)を買う事ができます。
 カモメは船の側まで餌を食べに近づいてきます。「ナイスキャッチ!」なカモメもいて、慣れている様子です。
otamoigo2.jpg
 画像・・・2
 祝津港へ入港し、下船する人や乗船する人がいます。5分間停泊後、オタモイ周遊へ出港です。オタモイ号と祝津号、2艘での運航です。

otamoigo3.jpg otamoigo4.jpg otamoigo5.jpg

 画像・・・3・4・5
 船からの景色も良いのですが、船上からのカモメとの交流が乗客を楽しませてくれています。
otamoigo6.jpg
 画像・・・6
 トド岩を横切り、陸上からは見る事のない位置からトド岩を眺める事ができます。
otamoigo7.jpg
 画像・・・7
 ニセコ積丹小樽海岸国定公園内の断崖絶壁の連なる海岸線を周遊します。船内では、景色と合わせて小樽港の歴史や地形の話、オタモイ神話などのアナウンスが流れ、小樽を知る事ができます。
otamoigo8.jpg
 画像・・・8
 ここが折り返し地点。
otamoigo9.jpg
 画像・・・9
 祝津港で乗客を降ろし、第3埠頭へ戻りました。潮風が心地よく大自然のパノラマを楽しむ事ができました。
otamoigo10.jpg
 画像・・・10
 オタモイ号の本日(25日)の運航は終了しました。ぜひ、一度は乗船してみてはいかがでしょうか!