クリスマスに向けて トピアリーツリー講習会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


topiarytree2.jpg 12月に入りクリスマスムードが高まる中、ツリーやリースをよく目にするようになる。そこで、アンジーミルク(花園3)では、12月3日(土)10:00より「トピアリーツリー講習会」が開かれた。講師は森智清さん。参加者は10名。
 森講師は、カフェ&フラワーショップ・ヴェールボア(住吉11)の店主で、ブーケやアレンジメントの予約販売を行い、ガラス商品も扱っている。年8回ほど講習会を行っている。
 トピアリーとは、樹木や低木を刈り込んで作成される造形物のことで、動物をかたどったり、立体的な幾何学模様を造る。(Wikipediaより)
 このツリーの作り方は、オアシス(吸水性スポンジ)を球または三角錐の形にし、グリーン色の毛糸を貼り付けていく。鉢に茎になる枝の束を差込み、その上にオアシスを載せ、ドライフラワーや松ぼっくり、クリスマスオーナメントを思い思いに飾り付ける。参加者は、真剣に作業に取り組んでいた。制作時間は1時間半くらいでほとんど完成し、作品を眺めながらお茶を飲み、楽しいひと時を過ごした。
 森講師は、「お花には基本があるが、自由に作れるようなものをテーマにしている。作品は、個性的でそれぞれに性格が出ている。大胆な人、繊細な人、それぞれに作品が上手くまとまっている」と感想を述べた。
 主催のアンジーミルクは、ソフトクリーム販売を中心に、いろいろなイベントを開催している。topiarytree1.jpg
 店長の樋口加奈さんは、「寒い中、来てくれてありがとう。完成品を見ると、個性豊か。季節によってイベントを開き、今回は、クリスマスに合わせた。フリーマーケットで知り合った方や、参加者同士、和気あいあいと楽しんでいた」と話す。
 市内の澤田さんは、「思ったより難しく、やりがいがあった。可愛らしくできた」と満足し、塚田由美子さんは、「無心になれた。キットを用意してもらい、材料を揃える事もなく、時間的にも丁度良い。忙しい人も参加できる」と楽しんでいた。
 次回は、12月26日(月)、冬休み小学生限定「モビール講習会」。詳しくは、アンジーミルク(0134-61-7590)まで。