新幹線札幌延伸 並行在来線経営分離 小樽市が同意

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 北海道新幹線の札幌延伸の基本条件のひとつとして、小樽市にも求められている、「並行在来線の経営分離についての沿線自治体の同意」について、中松義治小樽市長は、12月16日(金)夕方、電話による道からの照会に対し、「同意する」旨の回答を行ったことを明らかにした。
 同時に、「私は、今日まで北海道新幹線の札幌延伸を悲願として取り組んでまいりました。日本列島のしっかりとした背骨をつくるということ、さらには、北海道新幹線が札幌まで来ることによって、地域振興や観光振興が図られることから、小樽市として同意の旨、回答いたしました」との市長コメントを発表した。
20111216mayor.jpg