かるたで真剣勝負 幸小・西陵中の2チームが全道へ (2012/01/15)

 第26回小樽うしおライオンズクラブ杯「小樽市子供会下の句かるた大会」(小樽市地域子供会育成連絡協議会・小樽うしおライオンズクラブ主催)が、1月15日(日)09:30~14:00、稲北コミュニティセンター4階体育館(稲穂5)で開かれた。

 北海道独自の遊びとなる「下の句かるた」は、百人一首の「下の句詠み」の「下の句取り」。取り札が木製で、独特な書体の変体仮名で書かれているのが特徴的。3人ずつの2チーム(源・平)に分かれて、「守備」「中堅」「攻撃」の担当を決め、横一列に並んで対戦する。

 市内から、小学生の部に、色内5チーム、花園2チーム、オタモイ1チームの計8チーム。中学生の部に西陵2チーム、オタモイ1チームの3チームが参加。小学生はトーナメント、中学生リーグ戦で、広い体育館の中でそれぞれ対戦チームと向かい合い神経を集中させた。参加者の中には、素早く札を取ると、「やった」との歓声を響かせる人も。

 この結果、小学生部で幸小学校のオタモイチーム、中学生の部で西陵中のちはやふるチームが優勝した。2チームは、2月25日(土)に定山渓ビューホテルで開催される全道大会に出場する。

 オタモイチームの大高彩・篠田枝里・籾山司さん(幸小6年)は、「初めての1位だったので、すごくうれしい」、「優勝できると思っていなかったので、良かったです」、「がんばれてよかったです」。ちはやふるチームの塩田いつみ・佐藤詩織・山内菜摘さん(西陵中1年)は、「負けると思ったので、勝ててうれしかった」、「また、勝てて良かった」、「楽しかったけど、ヒヤヒヤしました」と笑顔で話していた。(写真提供:色内小PTA・中川めぐみ会長)

 結果 小学生の部
     優勝 オタモイチーム(幸小)
     2位 色内130チーム(色内小)
     3位 色内カモメチーム(色内小)

     中学生の部
     優勝 ちはやふるチーム(西陵中)
     2位 安全第一チーム(西陵中)
     3位 オタモイチーム(長橋中)

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


スポーツの力で除雪問題解決! 新雪かき選手権

雪あかりを守る人々 10日間のイベント終盤

手宮中央小PTA雪まつり そり滑りや雪像作り

プロジェクションマッピングに挑戦 未来創造高

高さ約20mの屋根の雪おろし 金融資料館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈