北照 VS 光星学院(青森) 第4日目第1試合で対戦

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 阪神甲子園球場で、平成24年3月21日(水)から12日間の日程で行われる第84回選抜高等学校野球大会の組合せ抽選会が、3月15日(木)に行われ、小樽の北照高校は、第4日目第1試合で、青森の光星学院と対戦することになった。
 春の選抜出場校は、全国から32校が選ばれた。同校は、昨秋の道大会での優勝で選出され、2年ぶり4回目の出場。対戦相手の青森の光星学院は、2年連続6回目の出場。2011年の第93回全国高等学校野球選手権大会では,青森県勢として42年ぶりに決勝に進出、準優勝した強豪校で、全国から選手を集め、大阪出身の部員が多いことで知られている。
 第4日目第1試合9:00からの対戦で、ベンチは1塁側となる。雨天順延がなければ、24日(土)の試合となる。小樽市長も現地での応援を予定しており、まずは初戦突破が望まれるところだ。
 北海道からは、北照のほか21世紀枠で選ばれた女満別高校が初出場する。女満別は、第2日目の第1試合で、熊本の九州学院と対戦する。
 3月21日(水)9:00からの開会式では、東北大震災に見舞われた石巻工の阿部翔人主将が、選手宣誓を行う。
 関連記事1 関連記事2
 (財)日本高等学校野球連盟HP
 第84回選抜高等学校野球大会組合せ