緑丘を539人が卒業 商大の学位記授与式

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


otarushoudai.jpg 2011年に創立100周年を迎え、2012年に新たな世紀への歩みを始めた、小樽商科大学(緑3・山本眞樹夫学長)で、3月16日(金)12:30から、学位記授与式(卒業式)が、同大体育館で行われた。
 まだ周辺に雪の残る中、初春の絶好の快晴の卒業日和となった構内には、スーツ姿や晴れ着姿の卒業生たちは、山本学長から学位記を受け取った。
 学位記授与式は、開式の辞、学位記授与、学長告辞、来賓祝辞、学生表彰、校歌斉唱、閉会の辞の順で実施された。閉式後、札幌シンフォニエッタによるミニコンサート、卒業記念スライドショー「緑丘の想い出」などが行われた。
 平成23年度の卒業・修了者は、商学部494人、商学研究科45人の合計539人。3月13日現在の就職内定率は97.2%に及んでいる。
 式後の構内では、卒業生たちは、記念撮影や仲間たちとの語らいなどで、盛り上がっていた。