「レジェンド・オブ・ザ・シーズ」 豪華客船の船内見学会4/25

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 米国の船会社ロイヤル・カリビアン・インターナショナル社が所有する70,000トンの豪華客船が、日本海沿岸・北海道クルーズの途次、小樽港に4月25日(水)に入港する。
 この入港を機に、入港セレモニーや船内見学会が行われることとなり、小樽市産業港湾部港湾室管理課では、船内見学会に、30名の参加者を募集している。
 クルーズ客船「レジェンド・オブ・ザ・シーズ Legend of the Seas」は、総トン数70,000トン、全長264m、全幅32m、乗客定員1,802人、乗組員723人、1995年就航、バハマ船籍の豪華客船。
 4月20日(金)から28日(土)までの日本海沿岸・北海道クルーズ8泊9日の旅の途中に、小樽港勝納ふ頭(築港7)の1・2番バースに、4月25日(水)に停泊する。
 4月20日(金)に中国・上海を15:00に出港し、韓国・済州島(チェジュ島)、伏木富山港を経て、小樽港に25日07:00に入港する。小樽出港は18:00で、滞在時間は11時間だけ。この後、青森を経て、横浜港(06:00)でクルーズを終える。
 25日(水)は報道へ向けて、小樽港でのセレモニーと船内見学会を、09:30に受付、10:00〜セレモニー、10:30〜船内見学会、11:30〜プレゼンテーション、12:00~昼食、13:30下船の予定となっている。
 市の港湾室では、15:00から、1時間30分程度での船内見学会(無料)の一般参加者を募集している。応募締切りは3月27日(火)で、往復はがきで1人1通(2名)の申込みとしている。乗船の際は、本人の確認(免許証又はパスポート)が必要。
 クルーズ詳細ーロイヤル・カリビアン・インターナショナル
legendoftheseas.jpg