☆☆群来膳 ☆伊勢鮨 小樽の2店がミシュランの星獲得

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽の寿司店2店が、4月20日発売の「ミシュランガイド北海道2012」で、見事に星を獲得することになった。
 フランスのタイヤメーカー・ミシュランが、星の数でレストランやホテルなど紹介する「ミシュランガイド」は、世界のグルメに愛され、高い評価を得ている。日本では、これまで「東京・横浜・湘南」版と「京都・大阪・神戸・奈良」版が発売されており、「北海道」版は、3番目となった。
 この最新刊「ミシュランガイド北海道2012特別版」の4月20日の発売を前に、4月10日(火)、札幌市の駅前通地下歩行空間で、選ばれた三つ星シェフらも出席して出版記念パーティーが開かれ、掲載店が発表された。
 「北海道」版の掲載店は全699軒。レストランが475軒、ホテルが133軒、旅館が91軒となった。そのうち、4軒のレストランが3つ星、12軒のレストランと1軒の旅館が2つ星、50軒のレストランと2軒の旅館が1つ星に選ばれた。
 このうち、小樽の寿司店2軒が、2つ星と1つ星をそれぞれ獲得して注目されている。
 全道13軒の2つ星に輝いたのは、市内色内1丁目にある「握 群来膳」。全道52軒の1つ星を獲得したのは、市内稲穂3丁目の「伊勢鮨」。
 小樽は、寿司の街として知られているが、結局、寿司店2店が、今回のミシュランの星の獲得店となり、小樽の寿司の名を、有名グルメ本に刻むことになった。
 ミシュランの調査員が来店し、星を期待していた居酒屋の主人は、「うちなんかは選ばれるはずがないと思っていたが、ちょっと残念」と肩を落としていた。
 群来膳公式サイト
 伊勢鮨HP 6月のベストマスター2003
 ミシュランガイド〜地図・ガイドブック
 ミシュランガイド〜企業ニュース
 ミシュランガイド北海道2012特別版プレスリリース