にしん焼き1,000尾無料! おたる祝津にしん祭り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


nishinchara.jpg 第4回おたる祝津にしん祭り(久末智章実行委員長)が、5月19日(土)・20(日)10:00〜16:00、祝津前浜をメイン会場として開かれる。祝津地区の歴史・文化を継承し、それを活かし地域の経済活性化を目的としている。主催はおたる祝津にしん祭り実行委員会。
 今年から、田島ハル作キャラクター「クキ・トラボルタ」と「カズノコ・チーノ」が誕生した。また、期間中は、おたる水族館の駐車場、にしん御殿と茨木家中出張番屋の入館が無料となっている。
 5月19日(土)は、前浜特設ステージでオープンセレモニー。昨年までの写真コンテストに変わり、川柳ブームに則り、「にしん」をテーマに5月9日まで多くの応募を募っている「第1回にしん祭り川柳コンテスト」表彰式が行われる。その後、にしん御殿共催事業として前浜で、にしんの放流式が行われる。
 恒例となった毎年大勢の人で賑わいを見せる人気イベント「鰊焼き」。おたる産にしんを、前浜会場に設置された炭火で、各自が自由に焼き食する。各日500尾の無料提供。整理券を本部テントで11:00から1時間ごと先着100名に配布する。
 祝津海産市場即売会では、にしん商品をはじめ、祝津で水揚げされる新鮮な魚貝類(カレイ・ウニ・ホタテ・鰊など)特価で販売。「祝津特産メニューをたべよう!」と題し、ホテルノイシュロス小樽、青塚食堂他6店舗が参加。祝津でしか味わえない名店オリジナルメニューを提供する。
 子ども達にも楽しんでもらおうと、「浜の石投げ選手権」や「イソガニ釣り大会」を企画。どちらも豪華商品を用意している。「ホタテの稚貝釣り」は、釣れなくてもホタテをおみやげにもらえる。
 祝津の歴史に注目してもらおうと、茨木家中出張番屋をスタートし、茨木家本宅、恵美須神社、白鳥家住宅(イベント中のみ開放)や石蔵を、おもてなしボランティアのガイドと共に巡る「祝津鰊番屋巡りツアー」を開催。参加無料で鰊焼きが付いている。
 「北前船」「トドによる漁業被害」「祝津歴史・家印」のパネル展が開かれ、日和山灯台の一般公開や、小樽鰊群来そば試食会を予定し、普段体験できないイベントが盛り沢山となっている。
 久末実行委員長は、「小樽駅からこんなに近くにある祝津には、イソガニが身近にいる海があり、海産物が沢山獲れることを伝えたい」と多くの人の来場を呼びかけている。
 問合せ:おたる祝津にしん祭り実行委員会 080-4505-2424
 祝津たなげ会HP
nishinFs.jpg