「観測施設見学会2012 in 小樽 」開催 9/2(日) 札幌管区気象台

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 札幌管区気象台では、9月2日(日)、小樽市内の観測施設を巡る見学会を開催する。現在、参加者を募集中だ。
 「今回、気象庁の業務をより多くの方に理解いただくために、観測をテーマに、札幌近郊の観測施設の見学会を企画しました。日頃、見学する機会のない気象レーダーや気象観測所の見学に加え、お天気キャスターによるお話を予定しています。参加は無料です。ふるってご参加ください」と呼び掛けている。
 開催日時は、9月2日(日)10:00〜17:00(9:30集合・17:00解散)。※集合・解散は、札幌管区気象台(札幌市中央区北2条西18丁目)。
 プログラムは、小樽市内の気象庁観測施設の見学、お天気キャスター(日本気象協会北海道支社)によるお話、意見交換など。
 小樽市内の気象庁観測施設の見学では、毛無山レーダー観測所・小樽津波観測施設・小樽特別地域気象観測所を回る。
 参加対象者は中学生以上。定員20名程度で、8月21日現在の応募状況は12名で、まだ受付けている。一般の人の受付は、8月20日(月)〜24日(金)電話受付。
 詳しい内容は、こちら