<雪の衆院選> 投開票日まであと2日間

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


syugiinsen3.jpg 12月4日から選挙戦に突入した第46回衆議院選挙の投開票日まで、残すはあと2日間となった。
 各陣営では、雪が吹き付ける中、最後のお願いを声高に叫んでいる。選挙看板も雪一色の中に埋まりながら、4人の候補者が有権者に投票を訴えている。
 小樽・後志・札幌手稲区を選挙区とする道4区には、民主・自民・共産・大地の4政党が候補者を立て、1議席を争っている。

        

◎菊池  葉子(きくちようこ) 61 共産新 元小樽市議 菊池葉子HP
◎苫米地 英人(とまべちひでと) 53 大地新(未来) 元大学助教授 苫米地英人HP
◎中村  裕之 (なかむらひろゆき) 51 自民新(公明) 元道議 中村裕之HP
◎鉢呂  吉雄(はちろよしお) 64 民主前(国民) 元産業経済大臣 はちろ吉雄HP
( )は推薦支持

 4陣営では、総決起集会を開くなどして、最後の2日間の追い込みに懸命だ。しかし、雪の中の師走選挙とあってか、有権者の関心も高まらず、投票率がどこまで行くかに関心が集まっている。雪国小樽では、当日の天候次第で、投票率が左右されることになるため、選挙関係者は、天候の行方に気を揉んでいる。