<衆院選>道4区 民主・鉢呂氏敗退 自民・中村氏当選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


syugiinsen4.jpg 12月16日(日)投開票で行われた第46回衆議院議員選挙は、政権与党民主党が惨敗し、自民党が単独過半数を制する大勝をし、自民・公明が衆院の3分の2を獲得した。この結果、政権交代となる劇的な展開となった。
 党派別獲得議席数は、自民294、民主57、維新54、公明31、みんな18、未来9、共産8、無・他5、社民2、国民1、大地1、日本0、改革0 (定数480)となった。
 小樽市・後志管内・札幌手稲区を小選挙区とする道4区では、民主・自民・共産・大地の4政党の4人の候補者で争われていたが、民主の退潮、自民復権の波を受け、過去連続3回議席を維持してきた民主・鉢呂吉雄氏を退け、自民新人・中村裕之氏が議席を獲得した。自民が民主を破って議席の復活を果たしたのは、9年8ヶ月ぶりのこと。
 小樽市の選挙開票作業は、市総合体育館で午後9:00から行われた。投票率は56.37%だったが、これは過去5回の総選挙で一番低いものとなった。投票日は、終日、雪が降り続いたことや多党乱立の中での選挙で、有権者が候補者を絞りきれなかったことなどが影響していると見られる。
 今回の結果で、市内の会社経営者は「これまで民主にやられぱなしだったが、ようやく長年の恨みを果たすことができた。自民党が返り咲き、地元の国会議員も自民になったのだから、景気を良くすることに全力を挙げて、小樽の景気を上向かせてほしい。何せ勝てて良かった」と話していた。
 小樽市:平成24年12月16日執行 第46回衆議院議員総選挙 投票結果
 平成24年12月16日執行 第46回衆議院議員総選挙 小選挙区候補者別得票数
 関連記事

北海道第4区    定数:1 確定
市区町村名 確定
1
2
3
4
開票率
(%)
菊地よう子
とまべち英人
中村ひろゆき
はちろ吉雄
日本共産党
新党大地
自由民主党
民主党
札幌市手稲区 * 7,512 12,428 25,013 21,031 確定
小樽市 * 9,945 9,052 23,962 17,673 確定
市区計 * 17,457 21,480 48,975 38,704 確定
島牧村 * 60 67 512 366 確定
寿都町 * 145 133 1,122 462 確定
黒松内町 * 191 160 926 661 確定
蘭越町 * 245 232 1,471 1,149 確定
ニセコ町 * 270 312 1,113 830 確定
真狩村 * 59 124 788 388 確定
留寿都村 * 73 100 517 248 確定
喜茂別町 * 69 116 747 524 確定
京極町 * 74 164 1,248 493 確定
倶知安町 * 643 875 4,264 2,128 確定
共和町 * 133 278 2,006 1,134 確定
岩内町 * 525 612 4,135 1,712 確定
泊村 * 67 74 637 326 確定
神恵内村 * 18 46 351 256 確定
積丹町 * 61 92 858 385 確定
古平町 * 150 104 1,241 388 確定
仁木町 * 215 116 1,301 509 確定
余市町 * 842 631 6,982 2,368 確定
赤井川村 * 82 62 394 186 確定
後志総合振興局 計 * 3,922 4,298 30,613 14,513 確定
北海道第4区 * 21,379 25,778 79,588 53,217 確定