雪降り積む小樽の街 1日で20cm

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 発達した低気圧の影響で、小樽の街に雪が降り積もっている。
 17日(月)から18日(火)にかけ、小樽市には大雪・風雪注意報などが次々と出されている。18日15:55、札幌管区気象台は、大雪、風雪、波浪、なだれ注意報を継続、着雪注意報を解除し、さらに、雷、着氷注意報を新たに発表した。
1218weather1.jpg
 これで、18日の小樽市には、大雪、風雪、波浪、なだれ、雷、着氷の6つの注意報が出されている。18日から19日にかけての小樽は、大荒れの天候となり、札幌気象台では、「ふぶきや吹きだまりによる交通障害、高波、なだれにも注意してください」と呼びかけている。
 街は、断続的に強い雪が降っており、市民はふぶきの中、雪溜りと車を避けながらの歩行を強いられている。
 17日~18日の24時間で、23cmもの積雪があり、家々の屋根や駐車場の車は、多くの雪を被って埋まっている。この荒天で、小樽の観光名所である小樽運河には、いつもの人影が見えず、ひっそりとしていた。
 積雪も18日16:00には、今冬最大の61cmを記録したが、19日にかけてさらに積雪深は増加する予報となっている。「19日昼過ぎまで12時間最大降雪量 30センチ」としており、北の街・小樽は、さらに雪に埋まることになりそうだ。
1218weather2.jpg
 市民は、人と車の通路確保のため、一日中、雪投げに追われている。ママさんダンプを押していた高齢者は「小樽と雪は切っても切れない仲だから仕方ないけど、急にこれ以上降ったら、とても身体がもたなくなっちゃうよ」と、腰をさすりながら、降り続く雪を眺めていた。
 平成24年12月18日15時55分 札幌管区気象台発表
 石狩・空知・後志地方の注意警戒事項
 石狩、後志地方では、風雪や高波に注意して下さい。石狩、空知、後志地方では、
大雪や落雷、なだれに注意して下さい。後志地方では、着氷に注意して下さい。
===================================
小樽市 [発表]雷,着氷注意報 [継続]大雪,風雪,波浪,なだれ注意報
    [解除]着雪注意報
     雪 注意期間 19日昼過ぎまで
       12時間最大降雪量 30センチ
     風 注意期間 19日夕方まで
       ピークは19日昼前
       北西の風
       陸上 最大風速 13メートル
       海上 最大風速 19メートル
     雷 注意期間 19日夕方まで
     波 注意期間 19日夕方にかけて 以後も続く
       ピークは19日朝
     波高 4メートル
     なだれ 注意期間 19日まで
     着氷 注意期間 19日未明から 19日夕方まで
     付加事項 降雪による交通障害 突風