小樽佛教会の花まつり!やなせなな氏の記念講演

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽佛教会(北條惠一会長)では、4月8日のお釈迦様の生誕を祝う「花まつり」を、北海道の気候風土に合わせ1月遅れの5月に行なっている。今年は5月24日(金)18:00から、小樽市民センター(色内2)マリンホールを会場に開催を予定。
 5月10日(金)には、小樽市民会館(花園)大ホールで、「子ども花まつり」を開催。灌佛(かんぶつ)式後、アニメ漫才のアキラボーイを招き、子ども達と楽しみながら、お釈迦様の生誕を祝った。
 24日の「花まつり」は、小樽佛教会による30分間の法要を行った後、シンガーソングライターで僧侶でもあるやなせなな氏が「いのちのふるさとを求めて~歌う尼さんコンサート&トーク」と題した記念講演を予定。
 やなせ・なな氏は、1975年に奈良県の寺院に生まれ、2004年にシングル「帰ろう」でデビュー。現在シンガーソングライターで、浄土真宗本願寺派教恩寺住職を務める。30歳で子宮体ガンを克服した経験から、命を題材にした歌を制作し、中高年を中心に幅広く支持を得ている。被災地へ出向いたり、3月には札幌で講演するなど活躍中。
 オリジナルの歌と講演後は、抽選会を設け、やなせ氏のCDと著書各10冊ずつをプレゼントする。また、サイン入りのCDや著書の販売も行われる予定。
 花まつり&講演会 小樽市民センターマリンホール
 5月24日(日)17:30開場、18:00開演 入場料1,000円
 当日券もあり、市内67ヶ寺で販売中。
 問合せ 090-1383-8544 小樽佛教会(桐木)
hanamatsuri.jpg