小樽三大祭り始まる!雨の水天宮例大祭

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


0614suitengusai1.jpg 市内中心部の高台にある水天宮(相生町)の例大祭が、6月14日(金)から16日(日)までの3日間の日程で、小樽三大祭りのトップ切って始まった。
 あいにくの雨模様となったが、多くの市民が祭り会場に繰り出し、祭りを楽しんだ。小樽三大祭りは、水天宮と龍宮神社、住吉神社の例大祭をいう。
 水天宮は1919年に建立。境内からは石狩湾を見渡すことができる絶景が広がり、石川啄木の歌碑も建ち、春には桜のスポットとして多くの市民が花見に訪れている。
 神社に続く参道脇には、昨年から4店舗多い68店舗の出店が並んだ。6割は札幌からの出店。祭りを楽しみにしていた子ども達が、友達同士で会場に繰り出していた。
0614suitengusai2.jpg 祭りらしい、お面や、やきとり、チョコバナナ、お好み焼、ホルモン焼、くじ引きなど、祭り定番の出店が並んでいる。中でも初出店の「ぶっかけラーメン」400円と、「油そば」500円は、祭りではあまり見かけないと注目を浴びている。トルコ料理の「ケバブ」、金魚の横には、ニセ金魚と書かれたおもちゃの金魚すくいも登場していた。
 人だかりができているのは「射的」で、10発500円。キャラクターの人形が棚に並び、ゴジラやドラえもんをめがけて引き金を引く。子ども達は、お目当ての景品を的に勝負をかけていた。落とせなくても、残念賞がもらえる。
0614suitengusai3.jpg 同神社境内には、企業名が書かれた提燈が並び、小樽ビールの屋台やカラオケ大会の特設ステージを設置。夜7:00に始まるカラオケ大会は、14日・15日に各20人以上が予選に出場。最終日に決勝戦が行なわれる。
 例年、小樽花園商店街でも祭りに協賛したイベントを開催。その一環として、「水天宮祭・将棋まつり」を15日14:00から17:45まで新倉屋花園本店と、16日は、13:00から15:00小樽駅前第一ビル1階新倉屋で開催を予定し、祭りを盛り上げる。
 神社関係者は、「3日の祭り期間中、毎年1日は雨となる。水天宮は水難除け、海上安全、航海安全の神様なので雨を呼ぶのかもしれない」と天候を案じていた。