第19回後志フードフェスティバル 9/25開催

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 後志管内の料理人が、後志産の農産・水産品を食材に腕を振るって創り出す、約80品の料理・デザートがずらりと並ぶ「第19回後志フードフェスティバル」が、9月25日(水)18:30から、小樽グランドパーク(築港11-3)5階「樹林」で開かれる。
 小樽など後志地区の豊富で新鮮な食材をホテル・レストランなどの腕利きシェフが工夫をこらして調理した数々の料理が、一堂に並ぶ様を見ながら味わえる恒例のフードフェス。
 日本司厨士協会小樽支部の主催、北海道中小企業同友会しりべし小樽支部の協力で行われろ。ビール・ワイン・日本酒などを飲みながら、約80品の料理・デザートが楽しめ、毎年、多くのグルメが集う。特に、数々のデザート菓子は、女性に大人気だ。
 肉・魚・野菜料理とデザート菓子に飲み物付きで、会費5000円、定員360名。ホテルペア宿泊券・レストラン食事券・米やワイン・新鮮な食材などが当たる「お楽しみ抽選会」の番号がチケットに記されている。すでに半数のチケット購入者がおり、これからが申し込みが急増するので、主催者は早めの購入を呼びかけている。
 チケット直接購入は、オステリア・イル・ぴあっと・ヌォーボ(小樽市東雲町2-3・0134-64-1697)、ホテルノイシュロス小樽(小樽市祝津 3-282・0134-22-9111)、北海道中小企業同友会しりべし小樽支部(小樽市色内1-9-6・134-25-9191)。
 関連記事1 関連記事2 関連記事3
shiribesifoodfes.jpg