10月9日は「てんぐ」の日! 天狗山でイベント開催

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


1012tengunohi1.jpg 小樽天狗山ロープウエイ(最上2)では、10月9日を「てんぐ」の日としている。それに因み、10月12日(土)・13日 (日)・14日(月・祝)の3日間で、「天狗の日」を開催している。色づき始めた紅葉と、秋の味覚を楽しめるイベントとなっている。
 初日の12日(土)は、あいにく雨が降ったり止んだりの空模様の中、雨上がりには、天狗山山頂から見下ろす市街に、虹が見事なアーチ状に出現。天狗山を訪れた人たちは、虹がかかる大パノラマを楽しんでいた。
 展望レストランでは、地元の塩谷・蘭島・余市産の新鮮な野菜や果物の即売会を開催。朝採りの新鮮な旬の野菜を、格安で販売し、りんごなどの試食もあり、参加者は、味を確かめて買い求めていた。1012tengunohi2.jpg枝豆の袋詰め放題や、ゆできび、じゃがいも、大根、赤かぶ、かぼちゃなどの旬の野菜が並び、ぶどうやりんご、梨も格安で販売されていた。
 珍しい物では、ヤマブドウや今年あまり取れないと言われる「ラクヨウきのこ」も並び、スタッフが、朝に収穫した新鮮な「ラクヨウ」とあって、買い求める人も多かった。
 「こども縁日」も開催し、輪なげ、射的、ヨーヨー釣りなど、1回100円で楽しめる。小麦粉、澱粉、砂糖などで作り、色づけされた板状の菓子に 描かれた動物や花などの型を針などを使い、形どおりにくり抜く遊びの「かたぬき」などもあり、昔の遊びを体験してもらおうと開催している。11:00から17:00まで。
1012tengunohi3.jpg 市外から天狗山に遊びに訪れた親子連れは、「丁度イベントが行われていた。懐かしいかたぬきに挑戦してみた」と縁日を楽しんでいた。
 恒例の「こども餅つき」は、3日間とも13:00と14:00に2回行われ、2升のもち米を2回に分けてつき、希望者はもちつきを体験でき、つきたての餅が振舞われた。
 また、天狗の日イベント期間中は、展望レストランでのメニューは全品10%オフ。通常でも、ロープウエイ往復券と食事券(800円分)のセットで、大人1,500円、子ども1,200円で販売している。
 担当者は「地元の新鮮な野菜を格安で販売している。この機会に天狗山に来て楽しんでください」とPR。
天狗山ロープウエイHP