小樽年末年始特集 ~ゆく年くる年~除夜の鐘~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加









小樽年末年始特集 ~ゆく年くる年~除夜の鐘~



「除夜」とは「旧年を除く夜」という意味で、12月31日の大晦日の夜をいう。

 
大晦日には、108の除夜の鐘をつき、この鐘の音を聞き、ゆく年1年の反省をし、煩悩を取り除いて、清浄な心身で、くる年の新年を迎える。

 
小樽市内でも、梵鐘のある多くの寺院で、大晦日の除夜の鐘をつける。小樽市内の代表的寺院での「除夜の鐘」をつく案内。

  バーチャル除夜の鐘が体験出来るサイトはこちら
































龍徳寺

(真栄1-3-8)

TEL 22-0523

23:50より鐘をつき始める。誰でも鐘をつける。希望者が終わり次第終了。0:00より本堂において祝祷諷経(シュクトウフギン)を行う。




量徳寺

(入船1-7-1)

TEL 34-2244

23:55頃より住職からつき始める。整理券を配布(23:30頃から受付)。鐘を突いた番号(108)の証明書を発行。108つ以降は番号無しの証明書を発行する。お神酒、ココアのサービスがある。0:00より、本堂で修正会(しゅしょうえ)を行う。



本願寺小樽別院

(若竹1-4-17)

TEL 22-0744

23:50頃よりつき始め、長蛇の列ができるが、列に並んだ人全員が鐘をつける。200食限定でそばが振舞われる。



浄応寺

(石山町5-1)

TEL 23-1224

0:00より並んだ順番に鐘を打つ。初めの1番と最後の108番目は住職がつく。甘酒のサービスがある。



正法寺

(緑2-31-4)

TEL 32-8992

0:00に鐘をつき始め、並んだ順番に全員誰でもつける。0:30よりホールで法要。



天上寺

(入船4-32-1)

TEL 23-0975

11:50に鐘つき堂でおつとめ。0:00に第1番目をつき始め、並んだ人全員打てる。108個限定でキャラメルも用意されている。本堂で甘酒のサービスがある。



妙国寺

(入船2-6-23)

TEL 22-2592

0:00よりつき始める。並んだ人全員がつき終わると、0:30から本堂で法要。