進学校「小樽潮陵」がスポーツ校「北照」を撃破!34年ぶりの快挙

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 第96回全国高等学校野球選手権大会南北海道大会小樽支部予選は、6月28日(土)~7月2日(水)の日程で、小樽市営桜ヶ丘球場(花園)行われていたが、7月2日にA・Bブロックの決勝戦が行われた。
 決勝戦は Aブロックが「小樽潮陵」対「北照」、Bブロックは、「小樽水産」対「倶知安」の対決となったが、小樽潮陵と小樽水産が、それぞれ道大会への出場を決めた。
 中でも、「小樽潮陵」対「北照」は、進学校と強豪スポーツ校の対戦となった。順当に北照が勝ち上がると見られていたが、9-2の7回コールドで、進学校の小樽潮陵が、甲子園出場のスポーツ校・北照を撃破する大番狂わせの1戦となった。
 北照は、今春の全道大会を制し、2年連続の夏の甲子園出場を狙っていたが、投手攻略のため7人の左打者を並べ、勝利に執念を見せた小樽潮陵ナインの前に屈した。
 小樽潮陵の夏の北照戦勝利は、1980年以来の34年ぶりの快挙となった。
 第96回選手権大会小樽支部予トーナメント表
 2014年07月02日(水)平成26年度選手権大会南・北北海道大会試合結果
 北海道高等学校野球連盟