カーブミラーがピッカピッカ!建設事業協会青年部が清掃

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


claenvolunteer.jpg 小樽建設事業協会(花園4・黒坂典弘会長)青年部では、地域貢献活動の一環として、清掃ボランティアを行っている。
 8月8日(金)13:50から、高島小学校付近や手宮方面の学校周辺に設置しているカーブミラーの清掃ボランティアを実施した。同会青年部18名が4班に分かれて参加し、3時間ほどかけて、カーブミラーの汚れを拭き取り、見やすくピッカピッカに清掃した。
 同青年会では、年間行事活動として、様々なボランティア活動を行っている。春はベンチのペンキ塗りや夏はカーブミラー清掃ボランティア、冬には除雪ボランティアなどを行っている。カーブミラーの清掃は、学校周辺を中心に行われ、3年前から実施している。
 今回の活動場所は、高島小学校周辺の23箇所と、手宮・手宮西小学校周辺の19箇所、色内小学校周辺の19箇所の全部で61箇所のカーブミラー。
 14:30頃、手宮小学校校区の通称本田沢通りの十字路に設置のカーブミラーの清掃を5人で行い、車の安全確認やハシゴを押える、ハシゴに上り清掃するなど、作業を分担して、鏡の汚れを綺麗に拭き取っていた。
 同会黒坂会長は、「地域貢献のため、学校の周辺にあるカーブミラーを重点的に行い、子ども達の安全を確保できればと思う」と話した。
 関連記事1
 関連記事2