お盆のお墓参り! 先祖供養に繰り出す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


0813bosan1.jpg 盆の入りの8月13日(水)は、穏やかな夏の好天となり、市内の長橋墓地(長橋1)や中央墓地(緑5)などへ墓参りに出かける人々が繰り出し、先祖の墓石を清め、花や菓子を供え、静かに手を合わせていた。
 各墓地は、車で混雑していたが、盆の入り13日は平日とあって、10日(日)に済ませた人やこれからの盆休みに墓参りを予定する人などもいて、いつもの混雑よりは緩和された。
 塩谷墓地(塩谷1)では、早朝5:30から墓参りをする人の車が、墓地周辺にずらりと駐車し、朝のうちに済ませようと多くの市民らが訪れ、祖先の墓をきれいに清めていた。0813bosan2.jpg
 毎年、大変混雑をする長橋墓地では、交通誘導員が待機。駐車場の様子を見ながら、無線を受けてから、車を誘導し対応にあたっていた。14:00過ぎには、目立った渋滞もなく、交通誘導員の指示に従っていた。
 小樽市では、混雑が予想される17日(日)まで、中央墓地・銭函墓地・長橋墓地・塩谷墓地では、交通規制を実施している。
 小樽市〜お盆のお墓参りについて