わんわんパトロール隊 詐欺被害の防止啓発活動

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


wanwanpatrol1.jpg 犬のおまわりさん小樽わんわんパトロール隊(近藤満子会長)は、8月15日(金)の年金支給日に合わせ、10:00から北洋銀行(稲穂2)小樽中央支店前で、振り込め詐欺等の特殊詐欺被害防止啓発活動を実施した。
 小樽警察署、同銀行職員の協力を得て、通行人や銀行を訪れた高齢者を中心とした市民らに、啓発物と同隊特製のうちわ150部を配布し、詐欺被害などの防止を呼びかけた。
 同隊のパトロール犬は、現在市内を中心に150頭が登録し、清掃ボランティアやセラピードックとして活動。クルーズ客船歓迎クラブにも所属し、豪華客船の見送りなどにも参加。和やかな雰囲気を作り出している。
wanwanpatrol2.jpg 今回9回目の参加となった7月26日(土)の潮ねりこみでは40頭が参加し、啓発物を配布する予定だったが、雨で参加を中止。多くのお年寄りが銀行を訪れる年金支給日に合わせ、同活動を行ない配布した。
 手作りの浴衣を着たゴールデンレトリバーやトイプードル、コギー、ホワイトテリアなどのわんわんパトロール犬6頭とわんわんパトロール隊5名が、同銀行前や周辺に立ち、道行く人へ啓発物を手渡した。振り込め詐欺被害防止やATM利用における限度額の引き下げ等を呼びかけた。
 受け取った人からは、可愛いらしいパトロール犬に近寄り、頭を撫でたり、ねぎらいの言葉がかけられていた。
 札幌市豊平区から参加したセラピー犬のルルちゃん(コギー・8)を連れた女性は、「潮まつりへは2回参加しているが、中止となり、今日改めて参加した。犬が好きな方がいらして嬉しい。皆さん、心を許して近づいてきてくれるので、頑張れます」と話した。
 関連記事