「青の運河」点灯式 幻想的な光景に歓声!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小樽の冬を活気づける「小樽ゆき物語」に関連して、青のイルミネーションとライトアップで小樽運河を彩る「青の運河」の点灯式が、12月1日(月)16:30から、小樽運河浅草橋で開かれた。小雨が降るあいにくの空模様となったが、多くの市民や観光客らが繰り出した。
 小樽観光協会(冬季イベント実行委員会)が主催する同イベントは、11月15日(土)から1月18日(日)までの65日間。初冬の観光客が減少するこの時期の小樽を元気付けようと、小樽ならではの楽しみ方を「運河」「食」「雪」をキーワードに、様々な企画を展開。観光都市小樽を盛り上げる各所のイベントと連携を図っている。
bluecanal1.jpg 昨年と一昨年は、運河に浮き球を放流する「いのり星」を実施し、多くの人々を楽しませた。今回は、空と海をテーマに「青の運河」と題して、12月1日(月)から25日(木)の25日間、日没から22:30まで、浅草橋と中央橋の欄干と散策路に、青色のLEDライト約10,000個を点灯させ、小樽運河が青一色に彩られる。
 点灯式で、同観光協会米花正浩副会長は、「小樽の冬と雪を楽しんでもらおうと企画し、第2章となった。企業やボランティアの方々の協力により運営している。心を温かくして楽しんでもらいたい」と挨拶した。
 小樽商科大学の1〜4年生の7名が、ゆき物語ガールズに任命され、その内、庵彩乃さん(4年)と山本優里さん(2年)、ゴスペルを披露する浅原冨希子 with Sea of Graceの15名(子ども4名・大人11名)が、元気な声でカウントダウンに参加し、点灯式に華を添えた。
bluecanal2.jpg 暗闇の中、点灯とともに、青色のイルミネーションが一斉に輝き、青に彩られた小樽運河に、歓声が上がった。
 寒さを吹き飛ばすゴスペルの歌声が、運河周辺に響き渡り、クリスマスソングも奏で、一足早いクリスマ気分も味わった。散策路では、イルミネーションをバックに撮影を楽しむカップルや友人の姿が多く見られた。
 ゆき物語ガールズの山本さんと庵さんは、点灯式後、「初めて見る運河で綺麗だった。楽しみながら、イベントに協力してきたい」と話した。
 12月20日(土)は、ナイアガラの仕掛け花火と、アカペラのライブイベント「音と光のシンフォニア」の開催を予定している。
 小樽ゆき物語
 関連記事1 関連記事2