衆議院議員総選挙 道4区合同個人演説会12/8

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 第47回衆議院議員総選挙小選挙区北海道4区の合同個人演説会が、12月8日(月)19:00から20:00まで、小樽経済センタービル(稲穂2)7階大ホールで開かれる。
 一般社団法人小樽青年会議所が運営協力し、立候補した鉢呂吉雄・中村裕之・酒井隆裕の3氏に参加を呼びかけたところ、鉢呂氏は、スケジュールの都合がつかず欠席となる見込みだ。しかし、全候補者が揃わない演説会では、一方的な主張を述べる会になってしまうだけに、全候補の参加が求められている。
 日本青年会議所北海道地区協議会「たくましい国」日本創造室・森禎樹室長が、コーディネイターを務め、候補者は、自己紹介や政策について述べ、消費税増税や地方創生などについて質問を用意。約300名を定員とし、申込み不要で入場無料。
 また、日本青年会議所が運営するWEBサイト「eーみらせん」では、立候補予定者達の生の声を配信し、政策を確認することができる。また、各公開討論会の動画なども随時更新している。(了承が得られた候補者のみ)
 若年層をはじめ、国民の政治への関心を高め、より多くの国民が候補者に触れる機会が得られ、選択の参考にしてもらおうと運営している。北海道から沖縄まで295の小選挙区での掲載を予定し、現在98件の公開討論会を掲載。候補者の声を直接動画で配信中。
 小樽青年会議所荒田純司理事長は、「合同討論会では、同じ場所に居合わせ話を聞き、自ら選択して投票してもらいたい。公平に有権者に選択の場を提供し、今後の地域作りや国政にも興味を持ってもらいたい」と話した。
 問合せ:090-1304-0130 小樽青年会議所・佐藤良裕副理事長
1208kojinenzetsu.jpg