水族館の大掃除!コスプレダイバーと記念撮影

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 おたる水族館(祝津2)は、冬期営業を12月20日(土)から開始し、盛り沢山なイベントを用意し来場者を楽しませている。
cosplaydiver1.jpg そのひとつに、同館職員によるコスプレダイバーが登場。クリスマスにはサンタクロースの衣装で、27日(土)・28日(日)には、年末の大掃除に合わせ、ダイバーが割烹着とモンペ、三角巾の出で立ちで水槽の中に登場し、掃除の合間に、来館者との記念撮影を楽しんだ。
 27日(土)14:00から、同館1階海のパノラマ水槽(幅24m・高さ2.5m・水量420トン)で、魚類飼育係の君島裕介さんがダイバーを務めた。
cosplaydiver2.jpg 水温20℃の水槽には、飼育員が交代で、古平町の漁師とサバ漁に同行。定置網漁で採集したマサバ3,000匹が群れを作って泳ぎ、サメや巨大エイ、ウミガメの太郎がゆうゆうを泳いでいる。
 ダイバーは、ガラスに吸盤を貼り付け、つかまりながら、カップルや家族連れの撮影に応じた。4つのポーズが用意され、ダイバーとハートを作ったりして撮影した。
 撮影の合間には、床やガラスについた汚れを掃除する様子も公開した。同水槽は、1週間に1度定期的に清掃を行っている。28日(日)も14:00から行われる予定。
 また、コスプレダイバーは、2月2日(月)・3日(火)、節分にちなみ、鬼のコスプレをしたダイバーが登場し、記念撮影を楽しむことができる。
 おたる水族館