しりべし管内金融月報を発表 財務局小樽出張所

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 財務省北海道財務局小樽出張所は、しりべし管内金融月報(平成26年11月分)を、1月21日(水)に発行した。
 同月報は、管内各金融機関から提供のあった計数を、発行時点において集計し、作成したもので、《預金》と《貸出金》についてまとめている。
 ≪預 金≫ 11月末の預金残高は8,590億8百万円で、対前年で90億34百万円、1.1%の増加となった。対前月では、150億88百万円、1.8%の増加(流動性預金:137億28百万円、3.4%の増加、定期性預金:13億36百万円、0.3%の増加)となった。
 ≪貸出金≫ 11月末の貸出金残高は3,363億68百万円で、対前年で74億79百万円、2.3%の増加となった。対前月では、40億70百万円、1.2%の増加(設備資金:10億94百万円、0.8%の増加、運転資金:29億76百万円、1.5%の増加)となった。
 しりべし管内金融月報(平成26年11月分)
 財務省北海道財務局小樽出張所HP